遺言書>>遺言書の文例

「遺産分割を禁止したい場合」の、遺言書の文例

 

               遺  言  書
 
 
 
  遺言者 山田太郎は次の通り遺言する。
 
  遺言者に属する一切の財産について、相続開始の時から5年間、
  遺産の分割を禁止する。
 
 
   平成○年○月○日
 
   東京都港区六本木○丁目○番○号
   遺言者 山田太郎 
 
  
 
 遺言書の全文の書き方は、遺言書の書き方を参考にしてください。
 

ポイント

 遺言で、相続開始の時から5年を超えない範囲で遺産分割を禁止することができます(民法908)。ただし、例えば3年10月を超えてしまうと配偶者の税額軽減(相法19の2)や小規模宅地等の特例(措法69の4)の適用が受けられなくなる恐れがあり、相続税法上、不利益を受けることになります。このような遺言は、勧められません。自分が亡くなった後、配偶者のことが心配でマイホームを分割させないようにと考えている人もいるかもしれません。しかし、そのことが結果的に、相続税の特例が受けられなくなり、マイホームを売却しなくてはいけなくなるかもしれません。ですから、このような遺言書の作成は、原則してはいけません。するなら、マイホームが配偶者に遺されるような遺言にすべきです。
 なお、このような遺産分割を禁止する遺言をされてしまった場合でも、相続人全員の同意があれば、遺言書の内容と異なり、途中で遺産分割協議を行うことができます。