遺言書>>遺言書の文例

「非嫡出子に嫡出子と同じように財産を残したい場合」の、遺言書の文例

 相続財産が120万円のみと仮定しています。
 

               遺  言  書
 
 
 
  遺言者 山田太郎は次の通り遺言する。
 
  1、妻 山田花子(昭和○年○月○日生)には以下の財産を相続させる。
   現金 60万円
 
  2、長男 山田一郎(昭和○年○月○日生)には以下の財産を相続させる。
   現金 30万円
 
  3、遺言者が認知した子 宮本夏子(東京都北区赤羽○丁目○番○号在住、
   平成○年○月○日生)には以下の財産を相続させる。
   現金 30万円
 
  4、遺言執行者として、田中平助(東京都港区北青山○丁目○番○号在住、
   昭和○年○月○日生)を指定する。
 
  5、付言事項
   一郎と夏子の相続分が同じのは、2人とも私の大切な子供だからである。
   一郎はどうか理解して下さい。田中平助さんには、面倒を掛けますがよろ
   しくお願いします。
 
 
   平成○年○月○日
 
   東京都港区六本木○丁目○番○号
   遺言者 山田太郎 
 
  
     
 遺言書の全文の書き方は、遺言書の書き方を参考にしてください。
 

ポイント

 認知をすれば非嫡出子にも相続権が生じます。ただし、その法定相続分は嫡出子の1/2になります。嫡出子と同じように財産を遺したい場合は、遺言書を作成すべきです。