遺言書>>遺言書の文例

「子供の相続分に差をつけたい場合」の、遺言書の文例

 相続財産が120万円のみと仮定しています。
 

               遺  言  書
 
 
 
  遺言者 山田太郎は次の通り遺言する。
 
  1、妻 山田花子(昭和○年○月○日生)には以下の財産を相続させる。
   現金 60万円
 
  2、長男 山田一郎(昭和○年○月○日生)には以下の財産を相続させる。
   現金 45万円
 
  3、長女 山田和子(昭和○年○月○日生)には以下の財産を相続させる。
   現金 15万円
 
  4、遺言執行者として、妻 山田花子を指定する。
 
  5、付言事項
   一郎が和子より相続分が多いのは、私と花子と同居し生活の面倒を
   見てくれたからである。和子はどうか理解して下さい。一郎は、今後も
   お母さんを助けてあげてください。
 
 
   平成○年○月○日
 
   東京都港区六本木○丁目○番○号
   遺言者 山田太郎 
 
  
     
 遺言書の全文の書き方は、遺言書の書き方を参考にしてください。
 

ポイント

 子供の相続分に差をつけた遺言の場合、子供同士が揉めることを覚悟する必要があります。遺産を貰えるといっても、法定相続分に足りない場合、その子供は不満が残ります。母親が法定相続分より多くもらい、自分が少ないという場合とは明らかに違います。同じ子供同士なのに、なぜ、自分は少ないのかと思うでしょう。ですから、付言事項でしっかり、相続分に差をつけた理由を書く必要があります。
 なお、法定相続分より足りなくなるといっても、遺留分は渡すようにしてください。そうしないと、揉める可能性が非常に高くなります。なお、子供1人あたりの遺留分は以下のように算定します。
 遺留分算定基礎財産 120万円
 全員の遺留分 120万円×1/2(遺留分割合)=60万円
 子供1人あたりの遺留分 60万円×1/2×1/2(法定相続分割合)=15万円