遺言書>>遺言書の文例

「内縁の妻に財産を残したい場合」の、遺言書の文例

 

               遺  言  書
 
 
 
  遺言者 山田太郎は次の通り遺言する。
 
  1、内縁の妻 田中花子(同居中、昭和○年○月○日生)には以下の財産を
   遺贈する。
 
   (1)、土地
   所在 東京都港区六本木○○
   地番 ○番○
   地目 宅地
   地積 ○平方メートル
 
   (2)、建物
   所在 東京都港区六本木○○
   家屋番号 ○番○
   種類 居宅
   構造 木造スレート葺2階建て
   床面積 1階 ○平方メートル
        2階 ○平方メートル
 
  2、母 山田梅子(昭和○年○月○日生)には以下の預金を相続させる。
   港銀行六本木支店の遺言者名義の普通預金
   口座番号 123456
 
  3、その他遺言者に属する一切の財産は、内縁の妻 田中花子に遺贈する。
 
  4、遺言執行者として、内縁の妻 田中花子を指定する。
    遺言執行者は、本遺言の執行に必要な一切の行為をする権限を有する。
 
  5、付言事項
     お母さん、花子とは入籍せず事実婚のままでした。事実婚では、花子に
    相続権がないため、この遺言書を書きました。長年一緒に住んでいるマイ
    ホームは花子に遺します。お母さんにも生活に困らないように、お金を遺し
    ます。お母さんの相続分は法定相続分に足りませんが、マイホームを分け
    るわけにはいかないので、理解してください。
 
 
   平成○年○月○日
 
   東京都港区六本木○丁目○番○号
   遺言者 山田太郎 
 
  
 
 遺言書の全文の書き方は、遺言書の書き方を参考にしてください。
 

ポイント

 内縁の妻とは、婚姻届を出していないが、実質的に夫婦の関係がある妻のことをいいます。法律上は、同居期間が長く実質的に夫婦の関係であっても、入籍していなければ相続人にはなりませんので相続権がありません(なお、その子も認知しない限り相続権はありません)。ですから、内縁の妻が夫のマイホームにすんでいた場合であっても、夫が亡くなると相続により、そのマイホームは夫の相続人(子供、親など)のモノとなってしまい、内縁の妻は「出ていってくれ」と相続人に言われるかも知れません。よって、内縁の妻に財産を残したい場合は、遺言書を書くしかありません。なお、遺贈となりますので、文末は「相続させる」ではなく「遺贈する」と書きます。ただし、遺留分を考えて慎重に内容を書きましょう。遺留分を無視して、内縁の妻に全財産を残した場合、相続人と争うケースが多いです。また、付言事項は、必ず書いてください。相続人以外に財産を遺す理由が書いてあると、相続人も納得しやすいでしょう。