遺言書>>遺言書の文例

「祭祀承継者を指定したい場合」の、遺言書の文例

 祭祀承継者を指定したい場合、遺言書に以下の一文をいれましょう。
 
 
  ○(番号)、祭祀承継者として、長男 山田一郎を指定する。
  
 
 遺言書の全文の書き方は、遺言書の書き方を参考にしてください。
 

ポイント

 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継します。ただし、遺言者(被相続人)の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき人があるときは、その人が承継します(民法897)。