遺言書>>秘密証書遺言

秘密証書遺言のポイント

秘密証書遺言のポイントを説明します。

秘密証書遺言のメリット・デメリット


特徴 遺言の「内容」を秘密にして、遺言の「存在」のみを公証人役場で証明してもらう
注意点 ・パソコンの使用、代筆が可能(ただし、自筆の署名、捺印が必要)
・封入・封印が必要
・2人以上の証人が必要
メリット ・遺言書の「内容」を他人に秘密にしたまま、遺言書の「存在」を明らかにできる
・遺言書の偽造・変造の心配がほとんどない
デメリット ・作成時に公証人を利用しなければならないため、面倒な手続きと費用がかかる
・公証人は遺言の「内容」まで確認をするわけではないので、遺言としての要件が欠けてしまう場合もある
・執行時に家庭裁判所の検認の手続きが必要となる
・遺言書の滅失・隠匿の心配はある