遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第八百八十六条(相続に関する胎児の権利能力)

 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2  前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。
 

条文解説

 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなされます。ですから、相続開始時に既に生存をしている兄弟同様に、相続人として扱われます。ただし、胎児が死体で生まれたときは、相続人として扱われません。