遺言書>>自筆証書遺言

遺言書の封入・封印

 自筆証書遺言を封筒に入れて封をし、押印に用いた実印で封印をします。
 

自筆証書遺言の封入・封印

 自筆証書遺言の場合、封入・封印をしていなくても無効ではありません。しかし、変造等を避けるために、封筒に入れて封をし、押印に用いた実印で封印をしましょう。表書には遺言書と記載し、裏書に作成日と署名・押印をします。なお、封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができません(民法1004B)。仮に開封してしまっても、そのことにより遺言が無効になるわけではありませんが、行政罰である5万円以下の過料に処せられることになっています(民法1005)。ですから、遺族が発見時にうっかり開封しないように、「開封せずに家庭裁判所に提出すること」と書いておきましょう。
 なお、封印や封筒裏書の押印をするときは、遺言書の署名の下に押した同じ印鑑を使用してください。