遺言書>>自筆証書遺言

自筆証書遺言のポイント

 自筆証書遺言のポイントを説明します。

自筆証書遺言のメリット・デメリット


特徴 自分一人で全文を書く遺言
注意点 ・全て自分で記入する(代書やパソコン・テープレコーダーはダメ)
・遺言が完成した日付を記入する(平成○年○月○日と記入する)
・署名・押印をする
・自分で保管するので、滅失・改ざんに気をつける
・(できれば)それとなく配偶者には存在を知らせておく
・封印するかどうかは自由だが、したほうが良い
メリット ・遺言の存在・内容を秘密にできる
・公証人の世話にならないため、費用もかからず簡単に作成できる
・いつでもすぐに書き換え、変更ができる(最後に書いたものが有効)
デメリット ・遺言書の隠匿、偽造、紛失の恐れがある
・個人で書くため、遺言としての要件が欠けてしまう場合もある
・遺言者の死後、遺言書が発見されないこともありうる
・本当に本人が書いたものか、遺言者の死後に争いが起きることもある
・執行時に家庭裁判所の検認の手続きが必要となる