遺言書>>遺言書の書き方

自筆証書遺言の書き方

 

               遺  言  書
 
 
 
  遺言者 山田太郎は次の通り遺言する。
 
  1、妻 山田花子(昭和○年○月○日生)には以下の不動産を相続させる。
   (1)、土地
   所在 東京都港区六本木○○
   地番 ○番○
   地目 宅地
   地積 ○平方メートル
 
   (2)、建物
   所在 東京都港区六本木○○
   家屋番号 ○番○
   種類 居宅
   構造 木造スレート葺2階建て
   床面積 1階 ○平方メートル
        2階 ○平方メートル
 
  2、長男 山田一郎(昭和○年○月○日生)には以下の預金を相続させる。
   港銀行六本木支店の遺言者名義の普通預金
   口座番号 123456
 
  3、長女 山田和子(昭和○年○月○日生)には以下の預金を相続させる。
   新宿銀行歌舞伎町支店の遺言者名義の定期預金
   口座番号 777777
 
  4、その他遺言者に属する一切の財産は、妻 山田花子に相続させる。
 
  5、遺言執行者として、妻 山田花子を指定する
   遺言執行者は、遺言者名義の預貯金の名義変更、払戻、解約、その他
  本遺言の執行に必要な一切の行為をする権限を有する。
 
  6、付言事項
   お父さんが、もしものときのために、この遺言書を書きました。
   一郎と和子は、2人で協力をして、お母さんを助けてあげてください。
 
 
   平成○年○月○日
 
   東京都港区六本木○丁目○番○号
   遺言者 山田太郎 
 
  
   

ポイント

(0)まず、自筆証書遺言の内容で、基礎的な知識を頭にいれてください。
 そして、遺言書を作成するにあたって、以下のものを用意してください。なお、自筆証書遺言が有効になるためには、以下のもの全てが必要というわけではありません。しかし、念には念を入れてということです。
 
 (用意するもの
 (絶対に必要なもの)
 丈夫な用紙、筆記具(文字が消えないボールペンなど)、印鑑(実印が良い)、朱肉
 (あった方が良いもの)
 印鑑登録証明書(実印が間違いないか確認)、戸籍謄本(相続人の名前を絶対に書き間違えないようにするため)、住民票(相続人以外の人に遺贈する場合にはその人の分)、登記事項証明書・登記簿謄本(不動産がある場合)、封筒、のり、大切な人リスト財産目録など
 
@タイトルは「遺言書」とします。
A全文自筆で書きます。
B法定相続人でない場合には、「相続させる。」と書かずに「遺贈する。」と書きます。
C財産の書きもれがあると、その部分については遺産分割協議が必要になります。それを防ぐために、この一文は入れておきましょう。
D手続きをスムーズに進みるために、遺言執行者を指定しておきましょう。
E付言事項は、遺言としての法的効力や拘束力はありませんが、残された家族へのメッセージになりますので、書くのが良いでしょう。
F正確な日付を記入します。
G自筆で署名・押印をします。なお、認印でも法的には問題ありませんが、トラブル防止のために実印で押印しましょう。印鑑登録証明書を取り寄せ、実印で間違いないか確認しましょう。
H自筆証書遺言を封入・封印し、保管します。