遺言書>>遺言・遺言書の基本

付言事項は書いた方が良い

 遺言書の作成で一番気をつけることは、遺言の内容により相続人同士の間で争いが起きることです。争いが起きるために、遺留分というものがあるともいえます。そのため、相続人間でしこりが残らないようなものにすべきです。相続人1人が有利になる遺言の場合は、争いになる可能性が高いので注意をしてください。遺言の本来の目的は、争いを避けることにあるはずです。また、財産を残す理由を、心をこめて書いておくと、円満な相続につながります。これは、付言事項という項目で遺族にメッセージを残します。
 

付言事項

 法定相続分で分けるにしても、財産割合に差をつける場合でも、遺言者が財産分けについての考え方を示すことが重要です。例えば、「法定相続分と異なる割合で相続分を指定したのは、こういう理由だからである」や、「長女は介護をしてくれたので財産を多めに相続させる」など、付言事項に書かれていますと、遺族も納得しやすいでしょう。また、「妻よ、今まで本当にありがとう」や、「自分が亡くなった後は家族全員で仲よくやってくれ」といった自分の考え・意思を、書いておくのも良いでしょう。付言事項は、遺言としての法的効力や拘束力はありませんが、遺言者の最終の意思を示すものとして、遺族に対する効果が期待できるからです。また、付言事項に書かれた想いは残された家族に間違いなく届くからです。