遺言書>>遺言・遺言書の基本

夫婦で遺言

 共有財産を遺贈したいなど、夫婦で遺言することを考えている方もいらっしゃるでしょう。ただし、その場合、注意点があります。
 

共同遺言

 遺言は2人以上が同一の証書ですることができません(民法975)。例えば、同一の証書で夫婦で共同の遺言をすることはできないということです。2人以上が同一の証書で遺言をすると、各人が自由に撤回することが難しくなり、故人の最終的な意思の確認が困難になるからです。また、1人の遺言について無効原因があった場合に、他の人の遺言の効力をどうすべきかという問題が生じてしまうからです。ですから、夫婦が遺言を作成する場合でも、用紙を別々にし、作成しなければなりません。用紙が別々であれば、同じ日に作成してもかまいません。