遺言書>>遺言・遺言書の基本

遺言書で特定された財産がない

 遺言書で特定された財産がない場合は、その部分は無効となります。
 

特定遺贈

 特定遺贈のように、「どこそこの土地をAにあげる」、「この株式をBにあげる」というような遺言なのに、その財産がない場合もあるでしょう。遺言書の作成から相続までが長期間ですと、遺贈する財産を処分してしまう場合などがあるでしょう。このような場合、遺言のその部分は無効になります。なお、遺言で他の財産についても言及しており、その財産がある場合は、その部分については有効です。
 遺贈する予定だった財産を処分してしまうなど遺贈する財産の構成が変化した場合には、遺言書を、必ず、書き換えてください。