遺言書>>遺言・遺言書の基本

財産5,000万円以下の小金持ちは遺言書を作成した方が良い

 相続争いの7割以上は、遺産が5,000万円以下のケースで起きているため、「我が家は財産がそんなにないから、遺言なんて必要ない」と思われるのは、間違いといえます。
 

例示

 まったく財産がない家庭の場合、相続争いには無縁でしょう。ただし、遺産が数千万円という小金持ちの家庭が、一番、危ないです。リストラ、倒産、離婚、老後の不安、現代人は将来に不安を抱えています。そのときに1,000万円を手に入るかどうかは、当事者には非常に大きな問題です。相続分より100万円、多い少ないで揉めることも非常に多いのです。
 小金持ちの方は、遺言書を作成した方が良いです。将来が見えない現代においては、遺言書は大金持ちの家庭より、小金持ちの家庭に必要といえます。