遺言書>>遺言・遺言書の基本

遺言の種類

 遺言には、大きく分けると普通方式と特別方式があります。一般的には、遺言は普通方式によっておこなわれます(民法967)。
 

遺言の内容

 普通方式の遺言には、(1)「自筆証書遺言」(民法968)、(2)「公正証書遺言」(民法969)、(3)「秘密証書遺言」(民法970)の3種類があります。
 特別方式の遺言は、特別な状況でやむをえない場合にのみ使われる遺言です。(1)死亡危急者の遺言(民法976)、(2)船舶遭難者の遺言(民法979)、(3)在船者の遺言(民法978)、(4)伝染病隔離者の遺言(民法977)の4種類があります。