遺言書>>公正証書遺言

公正証書遺言の作成費用

 公正証書遺言の作成費用を説明します。
 

公正証書遺言の手数料


目的財産の価額 手数料の額
100万円まで 5,000円
100万円を超え200万円まで 7,000円
200万円を超え500万円まで 11,000円
500万円を超え1,000万円まで 17,000円
1,000万円を超え3,000万円まで 23,000円
3,000万円を超え5,000万円まで 29,000円
5,000万円を超え1億円まで 43,000円
1億円を超え3億円まで 43,000円に5,000万円超過ごとに
13,000円を加算
3億円を超え10億円まで 95,000円に5,000万円超過ごとに
11,000円を加算
10億円超 249,000円に5,000万円超過ごとに
8,000円を加算
 
 ・作成手数料は、遺言により相続・遺贈する財産の価額を目的価額として計算
 ・遺言は、相続人・受遺者ごとに別個の法律行為になる。そのため、各相続人、各受遺者ごとに目的価額を算出し、それぞれの手数料の額を算定し、その額を合算する。
 ・不動産は、固定資産評価額を基準に評価
 ・全体の財産が1億円に満たないときは、11,000円を加算
 ・祭祀の主宰者の指定は、相続・遺贈とは別個の法律行為であり、かつ、目的価格が算定できないので、その手数料は11,000円
 ・紙代として、数千円を加算
 ・公証人が病院等に出張して公正証書を作成するときは、遺言加算を除いた目的価額による手数料が通常の1.5倍になるほか、規定の日当(1日2万円、4時間まで1万円)、旅費交通費(実費)を負担することになります。
 ・遺言の取り消しは11,000円
 
 (1)相続人が1人で相続財産が5,000万円の場合の手数料
   29,000円+11,000円=40,000円
 (2)相続人が3人で相続財産が1人2,000万円の場合の手数料
   23,000円×3+11,000円=80,000円
 (3)相続人が3人で相続財産が7,000万円、5,000万円、3,000万円の場合の手数料
   43,000円+29,000円+23,000円=95,000円