遺言書>>遺言・遺言書を理解するための知識

代襲相続

 配偶者以外の相続人の優先順位は、1位が子供、2位が父母、3位が兄弟というように決まっています。ただし、相続の開始以前に、本来なら相続人になるはずの人が、すでに亡くなっている場合は、その相続人の子供が代わって相続人になります。このことを代襲相続といいます。また、その相続人の子供も、すでに亡くなっている場合は、その相続人の子供の子供(すなわち被相続人の孫)が代わって相続人になります。このことを再代襲相続といいます。
 例えば、被相続人Aが亡くなったときに、一人息子Bはすでに亡くなっていたとします。しかし、そのBの子供C(すなわち被相続人Aの孫)がいるといった場合は、そのBの子供Cが相続人となるのです(民法887A)。また、その一人息子Bの子供C(すなわち被相続人Aの孫)もすでに亡くなっている場合は、そのBの孫D(すなわち被相続人Aのひ孫)が相続人となります(民法887B)。
 では、なぜ、このように決められているのでしょうか。それは、財産は親から子へ、そして子から孫へというように、川の水が流れるように上から下へ流れていくのが自然であると考えられているからなのです。したがって被相続人の死亡時に、相続人優先順位1位の子供がすでに死亡している場合は、優先順位2位の親が生きていても、優先順位1位の子供の子供(すなわち被相続人の孫)が相続人になるのです。
なお、優先順位1位の子供や孫などがいなければ、優先順位2位の親である父母が法定相続人となりますが、父母がすでに亡くなっている場合は、流れが逆行しますが、祖父母が生存していれば相続人となります(民法889@一)。ただし、この場合、代襲相続とはいいません。
また、3位の兄弟の場合は、代襲者がその子供(すなわち被相続人の甥・姪)までに限られます(民法889A)。つまり、甥・姪の子供は相続人には、なることができません。
 なお、代襲相続は前述したような、本来相続人となるべき被相続人の死亡だけでなく、相続欠格・廃除といった原因によって相続権を失った場合にも発生します(民法887A)。ただし、相続放棄は代襲原因とされていませんから、代襲相続は発生しません。
 

代襲相続