遺言書>>遺言・遺言書を理解するための知識

清算型遺贈

 清算型遺贈とは、財産を売却(換価)し、その売却代金から諸費用を差し引いた残額を遺贈することをいいます。ただし、不動産の清算型遺贈の場合、注意点があります。
 

清算型遺贈

 不動産の清算型遺贈の場合、不動産登記の実務上、一旦、不動産の相続人への相続登記をいれた後で、相続人から第三者に売却するという手順を踏みます。そのため、相続人がいない場合は、相続人名義に登記することができないので、不動産を第三者に売却しても第三者への移転登記ができなくなってしまいます。結果的に、相続人がいない清算型遺贈の場合には、不動産は売却できないことになりますので、不動産のまま遺贈するしかないということになります。
 また、相続人から第三者への不動産売却となりますので、相続人に譲渡所得税がかかる場合があります。