相続税・贈与税・遺言書専門の税理士・行政書士
My Natural Garden & Cafe
相続税

法定相続人の遺産取り分である法定相続分とは?

 民法で決められた法定分割という考え方があり、遺産を法定分割で分けたそれぞれの法定相続人の取り分を法定相続分といいます。


 必ず、法定相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありませんが、相続税額を求めるときや、相続人同士の話し合いで合意しない場合の法律上の目安となるので、きちんと理解しておく必要があります。

 法定相続分とはどれくらいあるのでしょうか。まず配偶者の取り分があり、その残りを他の法定相続人の中で均等に分けることになります。
 各法定相続人の取り分は次のようになります(民法900)。
①相続人が配偶者と被相続人の子供⇒配偶者2分の1、子供2分の1
②相続人が配偶者と被相続人の父母⇒配偶者3分の2、父母3分の1
③相続人が配偶者と被相続人の兄弟⇒配偶者4分の3、兄弟4分の1
 なお、子供、父母、兄弟がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。

  •  実子・非嫡出子・養子の区別なく、相続分は均等です。
  •  代襲相続人の相続分は、その親が受けるべきであったものと同じ割合です。
  •  被相続人は、法定相続分に関係なく、遺言により遺贈することができます。
  •  特別受益分寄与分は相続分に影響を与えます。