相続税・贈与税・遺言書専門の税理士・行政書士
My Natural Garden & Cafe
贈与税

民法上の贈与

 贈与とは、当事者の一方(贈与者)が財産を無償で相手方(受贈者)に「財産をあげます」と意思を表示し、相手方が「はい、いただきます」と受諾をすることによって、その効力を生ずる契約のことをいいます(民法549)。ただし、書面によらない贈与は、当事者が取り消すことができます(民法550)。これは、無償による財産の提供という契約であるため、強い拘束力がないからです。
 そのほかに、特殊な贈与契約として以下のようなものがあります。
 ①定期贈与
 定期に一定の給付をする贈与です。ただし、贈与者または受贈者の死亡によって、その効力を失います(民法552)。
 ②負担付贈与
 贈与に負担が付いているものです。受贈者は、財産を貰うかわりに、一定の給付を負担します。負担付贈与については、双務契約に関する規定を準用します(民法553)。負担付贈与については、詳しくは負担付贈与のページまで。
 ③死因贈与
 「私が死んだら、誰に財産をあげる」という契約です。贈与者の死亡によって効力が生ずる贈与になります。その性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用します(民法554)。